【PowerApps】無料で使う方法

自己研鑽

まずPowerAppsって何?

PowerAppsは、Microsoft (旧称:Office365)のツールの1つです。

PowerAppsでできることは、

データの編集・閲覧するためのアプリの作成(ざっくりいえば)

です。

よって、データを記録するデータベースはEXCELやSharepoint等でクラウド上に用意する必要があります。

また、PowerAutomate、PowerBIと組み合わせることで、PowerAppsでできることは広がります。

PowerAutomateやPowerBIがよく分からない方もいると思います。

PCに例えれば下記のようなイメージです。

自作キーボード ⋯ PowerApps

メモリ ⋯ Excel、Sharepoint

CPU ⋯ PowerAutomate

ディスプレイ ⋯ PowerBI

厳密に言えば違うだろ!という声も聞こえてきそうですが、

初心者の方であれば、こんな感じという理解しておけば、上出来です。

自分もPowerAppsが何かよく分かっていない時、

どれだけ調べても分かりにくい説明ばかりで何ができるのか理解するのに苦労しました。

でも実際習得すると全然難しく説明することはありませんでした。

一言で簡潔に言えます。

PowerAppsだけの機能

複数のデータを閲覧・編集する便利な道具(アプリ)を作ることができるもの

PowerAutomateと組み合わせたときの機能

コンピューターへ自動処理指示を人間の言語でするためのツールを作成するもの

例えば、ボタンを押すだけでファイルが保存され任意の人に承認メールを送信することができます

PowerAppsを無料で試す方法

PowerAppsを無料で試す方法は2つあります。

方法1 30日間の試用版を試す

① PowerAppsのホームぺージへ移動

PowerApps HP:https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/

②右上隅にある無料で試すをクリックして登録を行う

会社のメンバーでMicrosoft365の導入を検討する際にお勧めです。

※ 個人用メールアドレスでは登録できません

会社のメアドを使えない場合、推奨はしませんが、捨てメアドのアプリを使用すればメアドを作成でき、そのメアドで登録はできます

捨てメアド

方法2 Power Apps 開発者プランを利用する

こちらもやり方は方法1と同じです。

Power Apps 開発者プラン」で検索して、メールアドレスを生成し登録してください。

ただ、コミュニティプランは個人でアプリの作成を練習するのに向いています。

会社でPowerAppsの導入を検討したいなら方法1がおすすめです。

PowerAppsを使いこなすための参考資料

PowerAppsで実際にアプリを作る方法についても投稿しています。

ぜひ、参考にしてください😀

プロフィール
そのべ

国立大学機械学科に入学。
機械工学の勉強をし、大学院では魚の泳ぎ方について研究して修士卒業。
現在は、メーカーで品質管理の仕事に携わる。
QC検定準1級を取得。現在は1級取得を目指す。

将来の夢
「本を執筆して一人でも多くの”わからない”を”わかった”に変えること」

そのべの備忘録では「統計学」「アプリ作り方」「自分の人生で得た教訓」など幅広く役立つ備忘録を配信しています。

そのべをフォローする
自己研鑽
そのべをフォローする
【そのべの備忘録】

コメント