Wi-Fiの通信速度改善

そのべの雑記

こんにちは、そのべです。

今回は、画期的な日常生活の改善ができましたので、報告します。

改善内容は、題名にもある通り、Wi-Fiの通信速度の改善です。

ずっと、なんかWi-fiの速度遅いなぁーとは思っていましたが、なかなか行動に移せず過ごしていました。

そして、近頃Line電話中にWi-fi接続で話してると通信がよく切れることがストレスになり、ついに重い腰があがりました(笑)

通信を遅くしていたのはルーターだった!

私のネットワーク環境に悪影響を及ぼしてそうな機器を考えたとき、1つ怪しいものを見つけました。

そうです。ルーターです。

1人暮らしする際に実家から持ってきたものですが、記憶が正しければかなり前から使っていたものでした。

そして、奇跡的に箱もありました。

えっと、通信データ速度の規格値は300Mbsとのことで、販売年は2010年でした。

12年前!?!?

早速、今のWi-fiの規格値を調べてみることにしました。

こちらの1人暮らしには最適なWCR-1166DS 11ac ac1200を見つけられました。

データ通信速度規格値をみると866Mbsです!

つまり、今私が使っているWi-fiルーターの速度の2.9倍です。(笑)

技術の進歩ってすごいなと痛感しました。

しかも、このWi-fiの価格は3,200円です!!

即購入して入れ替えます。

所有のルーターと新しく購入したルータを並べてみると

大きさも、かなりコンパクトになっている!!

なんか、所有していたルーターが、能力低いのに態度だけでかい上司のようにみえます(笑)

しかし、電源コードの大きさはあまり変化ありませんでした。

むしろ、すこし大きくなったように見えます。

あまり、電源ケーブル類の進化はメーカーは取り組んでないんですね。

電源ケーブル類をコンパクトにすることも需要はありそうに思いますが...

そして、Wi-fiの交換完了後、全ての機器のWi-fi設定をやり直して、携帯でyoutubeを見たり、PCでこのブログを執筆中にも通信速度が劇的に速くなっていることを感じています!

Baffaloさんの開発者の12年分の努力を痛感できました(笑)

ぜひ、皆さんもネットワークの通信速度が遅いかも?と思ったら機器類の老朽化を疑ってみてください!

まとめ

それでは、今回のネットワーク通信環境の改善で学んだことを少し汎用的にし今後の参考になるよう下記にまとめておきます。

  • 日常生活の改善が可能かを定期的に考える
  • 機器類の老朽化を定期的に確認し、更新効果を試算し必要あれば惜しまず購入する

前回、2021年に買って良かったものBEST3を挙げましたが、このルーターの買い物は間違いなく2022年の買って良かったものBEST3に入ってくる買い物になったなと確信しています(笑)

皆さんも、今一度家にある機器類の老朽化を見て改善してみてはいかがでしょうか。

【2021年】20代独身男性の私が買ってよかったものBEST3
2021年の買い物を振り返り、私生活を変えたBEST3のアイテムを紹介します。1年間の買い物を振り返ることで、自分の行動パターンも分析でき何が自分にとっていい買い物となるか知ることができました。
プロフィール
そのべ

国立大学機械学科に入学。
機械工学の勉強をし、大学院では魚の泳ぎ方について研究して修士卒業。
現在は、メーカーで品質管理の仕事に携わる。
QC検定準1級を取得。現在は1級取得を目指す。

将来の夢
「本を執筆して一人でも多くの”わからない”を”わかった”に変えること」

そのべの備忘録では「統計学」「アプリ作り方」「自分の人生で得た教訓」など幅広く役立つ備忘録を配信しています。

そのべをフォローする
そのべの雑記
そのべをフォローする
【そのべの備忘録】

コメント