【第二新卒転職活動】面接で聞かれること17項目

そのべの雑記

こんにちは、そのべです。

先日、転職エージェントに登録して、エージェントと面談した内容を記載しました。

そして、エージェントとの面接後、6社に応募した結果、2社が面接選考にまで進むことができました。

詳細な結果としては、6社中3社が求人終了、2社が書類通過、1社が書類落ちです。

2社が面接選考を受けてきましたので、

今回は、転職の面接選考で聞かれる内容についてまとめていきたいと思います。

第二新卒面接時の質問 17項目

私が面接選考を受けた2社は、web面接が1社対面面接が1社です。

どちらも、面接時間は1時間でした。

web面接の面接官は2名で、人事担当配属先の部長でした。

対面面接の面接官は5名で、人事担当2名、配属先の課長と部長、議事録担当1名でした。

面接の主な流れは2社とも大きく変わらず下記のような流れです。

  1. 自己紹介・自己PR
  2. 転職理由について
  3. 志望理由
  4. 会社側から求人票に記載の仕事内容の説明
  5. 応募者からの質疑応答
  6. 応募先の会社で何をしたいか
  7. 現在の会社での成果を具体的に説明
  8. 現在の残業時間と希望する働き方について
  9. 現在のスキルについて(英語など)
  10. 海外出張は、嫌がらずに行けるか
  11. 学生時代の研究内容について
  12. ストレスを抱えた時にどう対処しているか
  13. 現在の職場の雰囲気について
  14. 苦手とすることは何か
  15. いつから入社することが可能か
  16. 希望年収はどのくらいか
  17. 社宅や寮を使う予定はあるか

大まかには、こちらの17項目と、それぞれに対して深堀りした質問が飛んできます。

面接で会社と仕事内容については理解できるか

リクルートエージェントの方には、面接することで会社のことが理解できると説明されました。

実際のところは、次の通りです。

対面面接の場合

  1. 職場環境・・・ある程度把握できる
  2. 仕事内容・・・丁寧に説明してもらえるため、ある程度把握できる
  3. 職場の雰囲気・・・面接官以外にも、案内の方と接するため、ある程度は把握できる
  4. 直属の上司・・・実際に話すことができるため、かなり把握できる
  5. 住みやすさ・・・社宅まわりの様子をみれるため、かなり把握できる

web面接の場合

  1. 職場環境・・・把握できない
  2. 仕事内容・・・丁寧に説明してもらえるため、ある程度把握できる
  3. 職場の雰囲気・・・面接官に口頭でヒアリングして把握できる程度
  4. 直属の上司・・・実際に話すことができるため、把握できる
  5. 住みやすさ・・・把握できない
プロフィール
そのべ

国立大学機械学科に入学。
機械工学の勉強をし、大学院では魚の泳ぎ方について研究して修士卒業。
現在は、メーカーで品質管理の仕事に携わる。
QC検定準1級を取得。現在は1級取得を目指す。

将来の夢
「本を執筆して一人でも多くの”わからない”を”わかった”に変えること」

そのべの備忘録では「統計学」「アプリ作り方」「自分の人生で得た教訓」など幅広く役立つ備忘録を配信しています。

そのべをフォローする
そのべの雑記
そのべをフォローする
【そのべの備忘録】

コメント